通勤電車に宿泊できる? 京阪のあの名車がホテルの部屋に

有料会員記事

鈴木智之
[PR]

 昨年引退した京阪電鉄5000系通勤電車で実際に使われていた部品をあしらった部屋が2月、京阪グループの京都タワーホテル(京都市下京区)に登場した。

 1970年に輸送力を高めるために誕生した5000系の最大の特徴は「ラッシュ用ドア」だ。片側5カ所のドアのうち2カ所に、昇降する座席が備わっていた。ラッシュ時には席を天井付近まで上げて、ドアを開閉させていた。しかし、安全対策のため設置したホームドアとの位置が合わないため、2021年9月に引退した。

 京都タワーホテルは、これま…

この記事は有料会員記事です。残り296文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら