「浦沢直樹の漫勉neo」新作が放送 「読者と描き手の深い溝」とは

有料会員記事

構成・野城千穂
[PR]

 漫画が生み出される現場に密着するNHK・Eテレの「浦沢直樹の漫勉neo」の新作が、3月2日から3週連続で放送される。2014年から約30人の有名漫画家の仕事場にカメラが入り、そのペン先に迫ってきた「漫勉」シリーズ。プレゼンターの漫画家・浦沢直樹が報道各社の取材に応じ、創作現場を映像で残す意義を語った。

     ◇

 僕は物心がついた5歳の頃からずっと漫画を描いていて、目の前で漫画が完成されていくところを見ています。それは、漫画の一つの醍醐(だいご)味です。

 でも読者はできあがったもの…

この記事は有料会員記事です。残り682文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら