入ってみたら「無人ゲーセン」…だけじゃない 変わる「倉庫」の姿

有料会員記事

田幸香純、高木真也、佐藤英彬
[PR]

 神奈川県の西部、相模湾と丹沢山系に挟まれたエリアに位置する工業団地の倉庫を訪れると、中には数百台ものクレーンゲーム機がぎっしりと並んでいた。

 お菓子の袋やぬいぐるみ、人気アニメのフィギュアを狙って動くクレーン。ただ、遊んでいる人の姿はなく、ゲーム機の周囲にカメラが設置されているだけだ。倉庫の中には、クレーンの音や作業服姿の従業員がワゴンを運ぶ音だけが響いていた。

クレーンを遠隔操作、なぜここに…

 ここは、ゲーム機器メーカー大手のタイトーが運営するオンラインのゲームセンター。倉庫内のクレーンゲーム機を、利用客はスマホのアプリなどでオンライン操作できる。映像を見ながら、スマホをリモコンのように使ってクレーンを遠隔操作。うまく景品をクレーンで動かし、穴に落とせれば、同じものが自宅に届く仕組みだ。

 インターネットの普及や家庭…

この記事は有料会員記事です。残り3924文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら