絵本が作った「あたたかくて幸せな時間」 ヒーローにもなるその力

有料会員記事

松本紗知、中井なつみ
[PR]

 絵本や児童書の名キャラクターの誕生秘話を探る連載「きみが生まれた日」では、昨年5月の開始以来、今月で20作品を紹介しました。多数のリクエストが寄せられ、10作品の紹介を終えた昨夏に実施したプレゼント企画には、3千件近い応募がありました。記事や本をどのように楽しんでくれているのか、当選した2人に、話を聞きました。

登場した本を、103人にプレゼントします

20冊を記念し、昨夏以降に紹介した10作品を、抽選でプレゼントします。応募はこちらから

「タイなのにハイヒールはいてる!」

 「初めての子が双子で手がかかり、2人一緒に遊ぶというと、本を読むのが一番楽でした。おもちゃだと、どちらかを構っている間見てもらえない方に不満が生じますが、絵本だとみんなで一緒に楽しめるんです」

 こうメールを寄せてくれたのは、「せとうちたいこさん デパートいきタイ」に応募した東京都調布市の田中愛子さん(42)だ。双子の兄妹、蒼一(そういち)くん(5)、恵菜(えな)ちゃん(5)と一緒に、絵本を楽しんでいるという。

 読むのは、主に夫の秀和さん(41)の担当だ。登場人物によって声の調子を変え、臨場感たっぷりに読み聞かせる。

 子どもたちが生まれたあと…

この記事は有料会員記事です。残り2196文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら