親と子 いつか許しあえるのか カムカムエヴリバディが描く家族

有料会員記事

土井恵里奈
[PR]

 おやじちゅうんは――。2月28日のカムカムエヴリバディは、あの人が父について語るシーンが流れた。時代劇の大スター、モモケン(尾上菊之助)の意外な「親友」の言葉とは。

 それはずっと昔、モモケンが二代目を襲名する前、団五郎と名乗っていた時代にさかのぼる。

 場所は映画館。ちょうど、父で初代のモモケンの出演する「妖術七変化!隠れ里の決闘」を客席から見ていた時、男に声をかけられる。

 初対面なのにいきなり「ダンゴちゃん」呼びするなど、妙になれなれしい。

 ついつい気を許し、話題は身の上話へ。大役者である父との確執、息子としての思い。あれやこれやを話す自分に、男は言う。

 「おやじちゅうんは、一筋縄ではいかんもんじゃあ。許しとるようで許しとらん。許しとらんようで許しとる」

 算太(濱田岳)だった。

男の正体は記事後半で。次回の放送にも登場し、ひなたと一緒に、るいのいる商店街にやって来ます。

 3世代にわたる家族を追うカ…

この記事は有料会員記事です。残り829文字有料会員になると続きをお読みいただけます。