プーチン氏は「ウクライナ側と協議の用意ある」 非武装化など条件に

モスクワ=中川仁樹
[PR]

 ロシアのペスコフ大統領報道官は25日、ウクライナのゼレンスキー大統領がロシア側に協議を呼びかけたことに関連し、「プーチン大統領ベラルーシの首都ミンスクに代表団を送り、ウクライナ側と協議する用意がある」と述べた。ただ、ウクライナ側に非武装化などの条件をつけており、協議が実現するかは不透明だ。

 ペスコフ氏は、プーチン大統領が、ウクライナ東部の親ロシア派の二つの「人民共和国」の支援作戦の目的を「ウクライナの武装化などだと話した」と述べ、「これは(ウクライナの)中立的地位の議論に不可欠だ」とした。

 その上で、「プーチン大統領はウクライナ側と協議するため、国防省や外務省、大統領府からなる代表団をミンスクに送る用意がある」と述べた。(モスクワ=中川仁樹)