プーチン大統領に制裁、資産を凍結へ 米、英、カナダ、EU

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=園田耕司、ブリュッセル=青田秀樹、ロンドン=金成隆一
[PR]

 ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、米欧は25日、ロシアのプーチン大統領に制裁を科す方針を発表した。国家の首脳個人を対象にした制裁は異例で、ロシア側が強く反発するのは必至とみられる。

 制裁を発表したのは米国と英国、カナダ欧州連合(EU)。プーチン氏に加え、ウクライナ情勢をめぐって米欧と外交交渉にあたっていたラブロフ外相も対象となり、両氏が米国など制裁を実施する国々や域内にもつ資産が凍結される。

 米ホワイトハウスのサキ大統領報道官は同日の記者会見で「プーチン氏の行為とロシア軍に対して強い反対のメッセージを明確に伝えるものだ」と強調した。

金正恩総書記ら少数…

この記事は有料会員記事です。残り712文字有料会員になると続きをお読みいただけます。