「日本一スカート短いアイドル」 和田彩花さんが葛藤したルッキズム

有料会員記事

聞き手・寺田実穂子
[PR]

 アイドルグループ「アンジュルム」のメンバーとして2019年まで活躍してきた和田彩花さん(27)は、「グループ内で自分を表現する限界を感じていた」と振り返ります。アイドルの見た目や振る舞いについて、経験をもとに冷静に語ってくれました。

 ――デビュー時はまだ15歳。仕事としてのアイドル活動をどう思っていましたか。

 「日本一スカートの短いアイドル」というキャッチフレーズがありました。プロデューサーの指示で、メンバーみんなが髪をショートに切ったこともありました。短くしたくなくて泣いているメンバーがいて、その姿も映像で流れてた。それが当時は、「エンタメ」として成立していました。私自身は、仕事だし、「やらなきゃいけないこと」だと思っていました。

 短いスカートをはくことを売りにしていたけど、それが直接、女性として性的に見られているという考えには結びつかなかった。15歳だったのでまだ理解できていませんでした。むしろ、かわいい衣装を着ることができるのは、楽しみの一つでした。

「消費対象」 次第に生まれた違和感

 ――でも次第に「違和感」が生まれていったのですよね。

 当時は今ほどSNSが流行し…

この記事は有料会員記事です。残り2423文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    犬山紙子
    (エッセイスト)
    2022年3月1日13時38分 投稿
    【視点】

    「自分の意思でアイドルになったのだからそのくらい耐えて当たり前だ」では決してなく、カウンセラーによるメンタルケア、誹謗中傷の禁止、誹謗中傷から本人を守る仕組みは必須だと思っています。 「アイドル」という立場の人がこうやって声をあげるこ

  • commentatorHeader
    北郷美由紀
    (朝日新聞編集委員=SDGs)
    2022年2月28日18時21分 投稿
    【視点】

    「誰かのための女の子らしさ」という和田さんの指摘で、気持ちが楽になる人がたくさんいると思います。そしてハーランさんの「まずは未成年の女子を性的対象と定め、そんな見られかたを煽るような演出はぜひすぐ見直していただきたい」というコメントに大賛成