第1回冷蔵庫、タイヤ… 荒れ果てた畑からの再起 朝一番の緑にほほえみ

有料会員記事

加藤諒
[PR]

 ビニールハウスに差す柔らかい朝日が、レタスの葉を照らす。宮城県名取市の桜井勉さん(63)は寝床の子どもを起こすように、畝(うね)を覆う保温シートを優しくはがして歩く。目尻のしわが、朝一番の緑を目にして深くなった。

【連載】色 想う

2011年3月11日、真っ黒な津波が押し寄せ、街は灰色と化しました。目に映る色は同じでも、心に焼き付く色はそれぞれ違います。11年の想(おも)いを「色」に込めて伝えます。

 仙台空港に隣接した北釜地区。太平洋を望む一帯は2011年3月11日、東日本大震災の津波に襲われた。桜井さんも畑やビニールハウス、自宅を流された。

 親族宅に身を寄せて1カ月…

この記事は有料会員記事です。残り358文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら