ウクライナ、ロシアとの交渉に合意 ベラルーシ国境で前提条件なしに

有料会員記事ウクライナ情勢

モスクワ=佐藤達弥、ワシントン=園田耕司
[PR]

 ウクライナに侵攻したロシア軍は27日、首都キエフの掌握を狙い市街戦を続けた。北東部にある第2の都市ハリコフでも激しい攻防になった模様だ。一方、ウクライナのゼレンスキー大統領はこの日午後、同国の使節団が前提条件なしに、ベラルーシ国境でロシアと交渉することで合意したとSNSで明らかにした。

 ゼレンスキー氏の発表に先立ち、ウクライナとの協議を目指すと主張するロシア代表団が27日、ベラルーシに到着。同日午後3時までウクライナ側の代表団を待つとし、協議が行われず流血の惨事になれば、責任は同国側にあると警告していた。交戦は続いており、交渉の行方は見通せない。

 AP通信によると、ロシア軍はキエフへの進軍を試み、大規模攻撃に向けて進路を確保している可能性があるという。砲撃などでアパートや橋などに被害が出ており、市当局は、市街戦が継続していると住民に警告。シェルターに避難するよう呼びかけている。

 また、ウクライナ最大の工業…

この記事は有料会員記事です。残り1246文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら