ドイツ、連邦軍強化へ13兆円 ウクライナ情勢「世界は転換点に」

有料会員記事ウクライナ情勢

ロンドン=和気真也
[PR]

 ドイツのショルツ首相は27日、ロシアによるウクライナ侵攻を受けて急きょ開いた連邦議会で演説し、国防費を増額すると発表した。2022年の予算から緊急で1千億ユーロ(約13兆円)を連邦軍の装備強化などに充てる。さらに、国内総生産(GDP)比1・5%ほどにとどまる国防費を、今後は毎年2%以上に引き上げる。

 ショルツ氏は、ロシアによるウクライナ侵攻で「世界は転換点にいる」とし、「自由と民主主義を守るには、国防に大きく投資する必要がある」と述べた。22年予算から特別につくる基金1千億ユーロは、戦闘機や軍艦、兵の装備に投資し、連邦軍を強化する意向だ。

 北大西洋条約機構(NATO…

この記事は有料会員記事です。残り229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら