気候変動のロシア代表「紛争、謝罪を表明」 国連非公開会合で研究者

ウクライナ情勢

ワシントン=合田禄
[PR]

 国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の非公開会合で27日、ロシア代表のオレグ・アニシモフ氏が「この紛争を防ぐことができなかったすべてのロシア人を代表し、謝罪を表明させてほしい」と述べた。AFP通信などが参加者の話として伝えた。

 アニシモフ氏はロシア国立水文研究所の研究者。会合はオンラインで開かれ、アニシモフ氏は謝罪の後、さらにロシア語で「ウクライナへの攻撃を正当化する根拠は見つけることができない」と語ったという。

 ロシア国内では反戦を訴える声が高まっている。ロイター通信によると、ロシアでは27日、全国48都市で抗議デモがあり、2千人以上が当局に拘束されたという。(ワシントン=合田禄)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント