パリ・コレを語る鈴木保奈美 装いは「気持ちをあげてくれるもの」

ファッション

聞き手 編集委員・後藤洋平
【動画】「ファッションは、気持ちを上げてくれるもの」と語る鈴木保奈美さん=外山俊樹撮影
[PR]

 2022年秋冬のパリ・ファッションウィーク(PFW=パリ・コレクション)が開幕した。朝日新聞はPFW公認の特設サイトで動画などを同時配信する。昨年秋に発表された2022年春夏コレクションから「日本におけるPFW公式アンバサダー」を務める俳優の鈴木保奈美さんが、今回注目するブランドや、ファッションへの思いを語った。

 前回のPFW期間中は精力的に各ブランドの新作発表動画を見ました。コロナ禍の今、こうやって世界でやっているんだなあって改めて思いましたし、私の場合は仕事柄、どんな照明や音楽を使って服を見せているのかという点を気にしながらの鑑賞でした。

 印象に残っているのはルイ・ヴィトン。ルーブル美術館でのショーでしたが、夕暮れの時間帯に外観を映すところから始まり、やがて陽(ひ)が落ちて、街に灯がつく。そういう要素も全部うまく使った演出だったと思います。1990年代に一度、プライベートで現地を訪れてパリ・コレを見たことがあり、当時のことも思い出しました。あの時、こういう見方も出来ていたら、もっと楽しめたのになぁって感じていました。

 昨年秋の前回、PFWのアンバサダーにご指名を頂いたあと、「パリ・コレのお仕事もされているんですよね」と声をかけられることがありました。そのたびに「はい。でもコロナ禍なので、パリに行って見ているわけではないんですよ」とお返事していますが、やっぱり現地で見たいですよね……。行けるのは、もう少し先になるのかな。今だったら昔と違って、デザイナーやスタッフの方々がバックステージでどんな作業をしながら思いを込めて新作を送り出しているのか、ということも実際に見てみたいですね。

 こういうご時世ですから、ブランドによって現在は動画のみの発表だったり、ショーをライブ配信したりという手法が取られています。ファッションを勉強する下地づくりとしては、とても便利ですよね。でも、だからこそ生のショーはいいな、とも思いました。これは俳優という自分の仕事にも当てはまります。やっぱり生身の人間が動く良さというのは間違いなくありますから、自分がしてきたことに自信を持ってもいいんだなと感じました。

 今回発表するブランドで一番気になるのはザ・ロウです。格好いいんですよ。あまりにも高くて、ため息しか出ないんですけど。ミニマルなデザインだけど、高級素材の布の使い方がぜいたくで……。実際に着ると、自分自身の質も試されているような気がするのですが、私服ではコートなど、少しですが愛用しています。

 今日の取材で着用しているのは日本のビューティフルピープル。日本からもたくさんのブランドがPFWに参加していますよね。ファッションの世界のトップレベルの場で、日本のブランドが発表し続けているというのは、心強い。そういうところにも注目したいです。

 多くのブランドが発表しますし、インターネット上でその模様を全部見られるのは楽しいですよね。最先端の発表の場ですから、中には私が見ると「これは、どう受け止めたらいいんだろう」というものも正直あります。でも、それがあってこそ、うんときれいなものが光る。謎のように感じるものも含めて、いろんなものがあることの幸せを感じます。

 これはどんなことにも当てはまると思っています。芸術や音楽、テレビ番組もそうですが、玉石混交でいい。玉ばかりでは疲れてしまう。金メダルだけじゃなくて、予選落ちのようなものにも価値はあると思っています。

 自分の装いについても同じで、いつも気合を入れておしゃれしなくていいと考えているんですよね。「今日は服装について何も考えない日」というのがあっていい。ファッションって、自分の精神状態に寄り添って、気持ちを調整してくれるものだと考えるといいんじゃないかな。

 意外かもしれませんが、私は疲れちゃった時にもおしゃれをしたいと思うんです。「このままじゃダメだ。とりあえず顔を洗って、お化粧して、着替えないと……」って。そんなときに気持ちを上げてくれる効果もあるんですよね。(聞き手 編集委員・後藤洋平

 すずき・ほなみ 1966年生まれ。東京都出身。86年デビュー。91年に主演したフジテレビの月9ドラマ「東京ラブストーリー」が大ヒットした。4月に東京・パルコ劇場での舞台「セールスマンの死」で主人公の妻リンダ役を演じる。ナレーターを務めている「365日の献立日記」のDVDがNHKエンタープライズから発売された。