バンダイ、初任給を30%引き上げ ボーナスの割合減らし収入安定化

有料会員記事

田幸香純
[PR]

 玩具大手バンダイは28日、今年4月に入社する大卒者の初任給を従来の月22万4千円から29万円へ約30%引き上げると発表した。年収に占める月給の割合を増やす報酬制度の見直しに伴うもの。収入を安定させることで優秀な人材の確保につなげたい考えだ。

 全社員約1500人を対象とし、平均27%の引き上げになる。

 同社の年収には毎月の給与とボーナスが含まれる。ボーナスは業績に連動して金額が決まる仕組みで、好業績のときは増えるが、悪化すれば減る。今年度は好業績を反映してボーナス額が上がり、全社員の平均年収は前年度比で10%増える見込みだ。

 バンダイと同じバンダイナム…

この記事は有料会員記事です。残り111文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    常見陽平
    (千葉商科大学准教授・働き方評論家)
    2022年3月1日8時56分 投稿
    【視点】

    ■世界一の感動創造企業として、ここに驚きがあるのか?  15年前の自分が聞いたら、大喜びするだろう。まさに、当時、私はバンダイの採用担当者として就活生たちと向き合っていた。給料が悪い会社ではない。記事中にある通り、ボーナスは業績連動のため