「議論自体ありえない」 安倍元首相「核共有」発言に被爆者ら批判

有料会員記事

米田悠一郎、福冨旅史、岡田将平、添田樹紀
[PR]

 ロシアのウクライナ侵攻に関連し、安倍晋三元首相が27日の民放番組で、米国の核兵器を自国の領土に配備して共同運用する「ニュークリア・シェアリング(核共有)」の「議論をタブー視してはならない」などと述べたことについて、広島、長崎の被爆者らから28日、批判が相次いだ。

 長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会の川野浩一議長(82)は「(日本は)核兵器そのものをなくさなければいけないのに反している。議論すること自体ありえない」と憤った。

 川野さんは2017年8月9日、当時首相だった安倍氏が長崎を訪れた際の面会で、「あなたはどこの首相か」と、同年採択された核兵器禁止条約参加に消極的な姿勢をただしたことがある。

 長崎原爆被災者協議会の田中重光会長(81)も取材に、仮に米国の核を日本が共有した場合、ロシアや中国が核配備を増強し、日本が攻撃の対象になる恐れがあると指摘し、「議論自体あり得ず、(日本への核攻撃の)リスクが増すだけだ」と懸念した。

 広島県原爆被害者団体協議会…

この記事は有料会員記事です。残り525文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    平尾剛
    (スポーツ教育学者・元ラグビー日本代表)
    2022年3月1日11時49分 投稿
    【視点】

    唯一の戦争被爆国で首相まで務めた人が口にする発言だとは思えません。ロシアによるウクライナへの武力侵攻に乗じるかたちで発せられた、政治的な意図が多分に含まれたこの発言には、落胆と怒りが湧きます。ウクライナでたくさんの民間人が亡くなっている現実

  • commentatorHeader
    おおたとしまさ
    (教育ジャーナリスト)
    2022年2月28日22時33分 投稿
    【視点】

    論に対する賛否は置いておいたとしても、少なくともいまこのタイミングで、元首相がのこのこ出てきてわざわざテレビで言うべきことか? 仮に威勢のいい話題を振られたとしても「私なりに思うところはあるが、いま、このような場所で、私のような立場の人間が