御園座から観劇券受け取った疑い 「総会屋」の男を逮捕

松島研人
[PR]

 劇場経営などを手がける御園座名古屋市中区)の株主総会をめぐり、議事進行に協力した謝礼に観劇券2枚を受け取ったとして、愛知県警は28日、三重県四日市市川島町の無職の男(70)を会社法違反の疑いで逮捕した。男は豊橋鉄道(愛知県豊橋市)の株主総会をめぐる利益供与事件で同法違反罪で起訴され、公判中。県警は約40年前から「総会屋」として活動していたとみて調べている。

 発表によると、逮捕されたのは岩間昇龍(しょうりゅう)容疑者。2019年6月に名古屋市内であった御園座の株主総会で、議事進行を円滑に進めた見返りに、同年10月に公演予定の観劇券2枚(計4万円分)を受け取った疑いがある。容疑を認めているという。

 関係者によると、観劇券は同社の社長と担当課長が渡したという。

 捜査4課は、岩間容疑者は株主総会で最前列の中央に座り、進行がスムーズに進むような発言を繰り返していたとみている。少なくとも20年前から同社の総会に出席していたという。

 同社の担当者は取材に、「総会屋に社として要請はしていないと認識している。県警の捜査には協力していく」とコメントした。(松島研人)