「スイミーそっくり」水槽で渦巻くボラの大群 軽石が思わぬ置き土産

有料会員記事

笠原雅俊
[PR]

 高知県室戸市の「むろと廃校水族館」の水槽で、ボラの大群が渦巻いている。海底火山の噴火による軽石が漂着した漁港で、偶然見つけたというボラ。群れで泳ぐ姿を見た子どもたちから「絵本のスイミーそっくり」と人気が高まっている。

 全長約5センチのボラの大群は、2階の水槽(直径3メートル、深さ2・5メートル)で展示されている。照明を浴びた銀白色のボラは、雪国の吹雪のようにも見える。

 今年1月初め、軽石が同市の高岡漁港に漂着した。水族館の若月元樹館長が様子を見に行くと、無数のボラが泳いでいるのを見つけた。「水族館で展示してみよう」。網ですくって持ち帰った。

 水槽に入れるとすぐに群れて…

この記事は有料会員記事です。残り329文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら