「第三の被爆地あってはならない」 広島・長崎市長がロシアに抗議

有料記事

福冨旅史、米田悠一郎、岡田将平
[PR]

 ロシアのプーチン大統領が核戦力を含む軍の抑止力を特別態勢にするよう命令したことを受け、広島市松井一実市長と長崎市田上富久市長は28日、「広島、長崎に続く、第三の戦争被爆地を生むことは絶対にあってはならない」とする連名の抗議文をプーチン氏に送った。

 抗議文は「核兵器の使用を示唆した一連の行為について厳重に抗議する。被爆者の切なる思いを踏みにじるもので、被爆地広島、長崎は強い憤りを感じている」とした。侵略行為を直ちに中止し、平和的解決を探るよう強く求めた。

 松井氏は28日夕に記者会見…

この記事は有料記事です。残り467文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!