スズキの元社長が死去 初代「アルト」も開発、技術者から信頼

有料会員記事

大平要

 【静岡】2003~08年にかけてスズキの社長を務めた津田紘さんが28日、亡くなった。77歳だった。温厚な人柄で社内の技術者たちから信頼を集める存在だったが、社長時代は業界を取り巻く荒波にもまれ、苦しむことも多かった。

 1969年に鈴木自動車工業(現スズキ)に入社し、技術畑を歩んだ。排ガス規制に対応する環境技術開発の中心となり、看板車となる軽自動車、初代「アルト」の開発にも参加した。

「最高のものをつくれ」

 あるOBは、社長だった津田…

この記事は有料会員記事です。残り240文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら