JBC解散へ 亀田氏との裁判に敗れ1億円賠償命令、財政難に

[PR]

 プロボクシングの統括団体、一般財団法人日本ボクシングコミッション(JBC)が財政難により解散することがわかった。31日の理事会で報告し、清算手続きに入る見込み。

 JBCはコロナ禍などの影響で、2021年度末時点で正味財産がマイナス約5千万円と事実上の債務超過になっていた。さらに今年2月、元世界王者の亀田興毅さんらに違法な処分を下したとして、東京高裁から約1億円の賠償命令を受けていた。

 JBCは現在、法人として復活するか、別法人として再出発する道を探って関係企業に支援を求めており、4月中に再建計画をまとめる方針。

 JBCは1952年に設立され、国内で行われるプロボクシングの試合を管理する組織。選手やジムオーナー、審判のライセンス管理も担う。永田有平理事長は30日、「清算中も試合管理は続ける。試合が止まることはない」と話した。