プーチン大統領、天然ガス代金のユーロ支払いを容認 独首相に説明

ウクライナ情勢

[PR]

 ドイツ首相府報道官によると、ショルツ首相とロシアのプーチン大統領が30日、電話会談した。プーチン氏はこの中で、欧州各国が4月以降にロシアから買う天然ガスの代金について、ユーロで支払いを続けられると説明したという。会談はプーチン氏からの要請だったとしている。

 プーチン氏は、欧州連合(EU)の経済制裁の対象ではないガスプロムバンク(銀行)に代金が振り込まれれば、銀行側が支払いをロシアの通貨ルーブルに換えると説明したという。ショルツ氏はこの手続きに同意したわけではないが、手続きを正確に理解するため、書面での情報提供を求めたという。

 プーチン氏は23日、米国や欧州、日本など「非友好国」に売る天然ガスについて、ルーブルでの支払いを求める考えを表明。主要7カ国(G7)は28日、「支払い通貨の変更は明確な契約違反」として、ルーブルでの支払いを拒否することで一致していた。拒否した場合、ロシアが供給を止める恐れも懸念されていた。