安藤和津さんが夜中に煮るジャム 13年間のうつ状態を経て思う幸せ

有料会員記事人生100年

聞き手・松本紗知
[PR]

 生きていくうえで、日々直面する「悩みごと」「困りごと」。困難を乗り切り、人生を豊かに過ごすためには、どんな心構えが必要なのでしょうか。自身もさまざまな悩みに向き合ってきた、エッセイスト・コメンテーターの安藤和津さん(74)に聞きました。

 あんどう・かづ 1948年東京生まれ。エッセイスト、コメンテーターとして、テレビやラジオなど多数の番組に出演し、介護や教育をテーマにした講演活動も。著書に『オムツをはいたママ』(グラフ社)、『“介護後”うつ~「透明な箱」脱出までの13年間~』(光文社)など。夫は俳優・映画監督の奥田瑛二さん、長女は映画監督の安藤桃子さん、次女は俳優の安藤サクラさん。

 ――まずは、安藤さんが直面してきた悩みごと、困りごとについて聞かせてください。

 日々、悩みごと、困りごとの積み重ねではありますね。相変わらず(笑)。

 ――では、今まさに困っていることは。

 老化現象による、身体のあちこちの不都合です。指の関節が痛いとか、白髪がまた増えたとか、顔がたるんできたな、とか。

 小さなことはたくさんあります。日々、困りごと、悩みごとに直面するのが人生だと思います。

 昔は、何か困ったことが起きるたびに、どうしたらいいの? わーんって泣いてたんです。でも、泣いたり悩んだりしたって、何も解決しない。悩みごと、困りごとは、自分で解決するっきゃない、と思うようになりました。

 ――これまでを振り返って、一番悩んだ、困った、と思う時期は。

 一つは思春期から結婚するまで。自分の思い通りにしようとする母親のコントロールがきつかったこと。そして結婚後は、うちの夫の亭主関白ぶり(笑)。そして、母の介護に、映画作りに没頭する夫の大借金……。

 自分の悩みごとはさておいて、まず家族が抱える大きな困りごとを解決しなきゃいけなかった。大変と感じる間もなく、無我夢中で日々を乗り越えてきました。

 ――お母さまの介護、そして介護うつ、介護後うつの体験を、著書や講演などで発信しています。それほど追い詰められたのは、なぜだったと思いますか。

 肉体疲労の限界を超えたこと…

この記事は有料会員記事です。残り3473文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

人生100年

人生100年

介護や子育て、住まい、お金の問題など、「人生100年」時代は悩みの連続です。一人ひとりが今まさに直面している悩みや困りごとを記者が取材し、読者と共有して解決への道筋を探ります。[記事一覧へ]