外部課金への誘導、実装可能に 米アップル、リーダーアプリで

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米アップルは30日、iPhone(アイフォーン)などで書籍や音楽を楽しむ「リーダーアプリ」について、同社のアプリ配信サービス「アップストア」以外の外部のサイトでの支払いに誘導できる機能を始めた。昨年9月の日本の公正取引委員会との合意で、今年初めからリーダーアプリには外部への誘導を認める方針を示していた。ただ、売り上げ規模の大きいゲームなどは引き続き対象外となる。

 アップルはこれまで、「アップストア」に登録するアプリ運営業者に外部の課金サイトへの誘導を認めず、原則30%の決済手数料に対して業者側から「高すぎる」と不満が出ていた。

 公取委は31日、「合意に基づいた措置が実行されたと受け止めている。一方でアプリの審査があるのはこれまでと同様。審査が外部サイトへの誘導を妨害するために使われることがないか、今後も注視していく」とコメントした。(サンフランシスコ=五十嵐大介