プーチン氏、ささやかれる孤立 旧KGBの側近「鉄の結束」のはずが

有料会員記事ウクライナ情勢

[PR]

 ウクライナ侵攻の前後から、ロシアの政権内の「異変」を示唆する情報が相次いでいる。プーチン大統領の孤立や、古巣の旧ソ連国家保安委員会(KGB)人脈を重用した「密室政治」のほころびを指摘する報道もあり、侵攻の行方を左右する可能性もある。

 「我々はいまウクライナで、欧米がつくった汚い馬屋を掃除している」

 ロシア国家安全保障会議のパトルシェフ書記は3月29日のロシアメディアの記事の中でこう強調した。

 パトルシェフ氏はプーチン氏の信頼が最も厚い側近と言われる。政権を支える「シロビキ」(治安関係出身者)の一人で、1970年代の旧KGB時代からプーチン氏と親交がある。

プーチン氏「そんなこと聞いていない」 テレビ中継で高官批判

 ボルトニコフ連邦保安局(F…

この記事は有料会員記事です。残り917文字有料会員になると続きをお読みいただけます。