道警ヤジ排除訴訟、控訴しないで 原告2人が知事に要請

平岡春人
[PR]

 3年前の参院選で、札幌市で演説中の安倍晋三首相(当時)にヤジを飛ばした男女2人を北海道警の警察官が排除したのは、表現の自由を侵害する違法な行為だったとして、道に慰謝料などの支払いを命じた札幌地裁判決を受け、原告の2人は31日、被告代表者の鈴木直道知事宛てに控訴しないよう求める要請書を郵送した。

 原告側は知事に面会を求めたが、道側が拒んだため、要請書を送った。2人への謝罪や、原因検証とその結果公表、再発防止策の実施も求めている。

 この日会見した原告代理人の小野寺信勝弁護士は「沖縄では県警の違法行為をめぐる訴訟で、県警が控訴を求めたが知事が見送ったケースがある」と指摘。原告の男性(34)は「僕が排除された時、知事は現場にいた。現場に居合わせた人間としてどう思っているのか問いたい」と話した。(平岡春人)