義母に言われた「忘れられない言葉」 手料理を持ってきて一言

有料会員記事

若松真平
[PR]

 今から数年前、R子さんは結婚した。

 付き合って半年で一緒になると決めた相手は、素直でまじめな人。

 感情をあまり表に出さず、自分のことはしゃべらないタイプだ。

    ◇

 婚姻届を出す2カ月ほど前、夫の実家にあいさつに行った。

 これから姑(しゅうとめ)となる彼の母と、初めての対面。

 ドキドキしていると、義母はこう言った。

 「こんなブサイクな息子だけど大丈夫?」

 思わず「大丈夫です!」と答えてしまったが、今思えば失礼な返事だ。

 その後、義母は夫の卒業アルバムや文集などを見せてくれた。

 特別変わったことも書かれておらず、「○○に社会科見学に行ったんですね」ぐらいしか言えなかった。

 一通り見終えたら外食することになり、義父も仕事を終えて合流。

 2人とも結婚を喜んでくれているように感じた。 

    ◇

 そんな義母から言われた、忘れられない言葉がある。

 昨年夏、生まれて間もない孫…

この記事は有料会員記事です。残り1367文字有料会員になると続きをお読みいただけます。