容疑者を「100歳で死亡」と推定 1995年の殺人、手配の男送検

有料会員記事

板倉大地、前田健汰
[PR]

 山口県北九州市で1995年、山口県下関市出身の無職吉田卓三さん(当時37)の切断された遺体の一部が相次いで見つかった事件で、死体遺棄容疑などで指名手配されていた父親の吉田富一容疑者を昨年10月、山口県警が殺人などの容疑で書類送検していたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、吉田容疑者は生存していれば昨年に100歳となったが、山口・福岡両県警の捜査本部は死亡していると推定し、書類送検して捜査本部を解体。捜査を終結していた。こうした事例は「100歳送致」と呼ばれ、全国で初とみられるという。

 書類送検容疑は、卓三さんを…

この記事は有料会員記事です。残り206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら