「ナチス支持した」在日ロシア大使館が日本を中傷 対ロ制裁に反発

有料会員記事

[PR]

 在日ロシア大使館は2月28日、「日本は2度もナチスを支持する挙に出た。かつてはヒトラー政権、今回はウクライナ政権を支持した」とフェイスブックに投稿した。ロシアは自らの軍事侵攻に抵抗するウクライナを「ネオナチ」と決めつけて批判しており、欧米の対ロ制裁に参加した日本にも中傷が及んだ格好だ。

 きっかけは28日、日本の参院予算委員会外務省幹部が行った答弁だった。

 「北方領土も(ウクライナ南部の)クリミア半島も不法占拠されているという認識か」との質問に、宇山秀樹欧州局長が「北方領土が占拠されていること、今ウクライナで起こっているロシア軍の侵攻、いずれも国際法違反であると認識している」と答えた。

 ロシア側はすかさず、タス通…

この記事は有料会員記事です。残り293文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら