• アピタル

5~11歳のコロナワクチン効果、年上より早く減少 米研究者ら公表

有料会員記事新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 米ニューヨーク(NY)保険当局の研究者らは2月28日、5~11歳の新型コロナウイルスのワクチンの効果は12~17歳に比べ、効果がより早く落ちるという研究結果を公表した。5~11歳はファイザー製ワクチンを接種しているが、有効成分が12歳以上の3分の1であることが影響した可能性が高いと分析している。

 昨年12月~今年1月にかけて、NY州でワクチンを2回接種した5~11歳の約37万人と12~17歳の約85万人のデータをもとに、感染者や入院者を比較し、ワクチンの効果を調べた。

 感染を防ぐ効果をみると、12~17歳は昨年12月中旬には66%、今年1月下旬には51%だったが、5~11歳は同期間で68%から12%に落ちた。入院を防ぐ効果は、12~17歳は同期間で85%から73%に下がったが、5~11歳は100%から48%と半減した。

 米食品医薬品局(FDA)は…

この記事は有料会員記事です。残り305文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]