ツイッター偽アカウントに「認証マーク」 本物は凍結、からくりは?

有料会員記事

土舘聡一
[PR]

 ツイッターで自分にそっくりの偽アカウントが作られ、本物の方がツイッター社に偽物と判断されて「凍結」される例が起きている。誰がどのように偽アカウントを作っているのか。

 東京都の20代女性は昨年9月に被害に遭った。ツイッターを使おうとすると「あなたのアカウントは凍結されています」と表示され、投稿できなくなった。

 調べると、表示名やプロフィルが全く同じ内容の偽アカウントがあった。偽物なのに、ツイッター社の審査で「本人」と確認された人に与えられる「認証バッジ」がついていた。

不審なメッセージ

 思い当たる節があった。

 この数時間前、知らないアカ…

この記事は有料会員記事です。残り1040文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら