第7回身の丈3メートルの巨人アマンチューが現れる港町 どこからきたの

有料会員記事

真野啓太
[PR]

 春、沖縄のとある港町に、身の丈3メートルをこす巨人が現れる。

 名は「天人(アマンチュー)」。

 天地を分けたという伝承も残る巨神(きょしん)。何者なのか。

 沖縄本島南東部、南城(なんじょう)市。

 港町の津波古(つはこ)区で、サトウキビの収穫が終わる3~4月ごろに開かれる豊年祭は今年も、コロナ禍で開催があやぶまれている。

 豊作に感謝する祭り。公民館には地元の人が集まる。

 ステージで演じられてきたのが「天人」の芝居だ。

 畑で長老と孫が話していたところ、身の丈3メートル、白い髪、白いひげの天人が現れ、こう名乗る。

 「くぬ世はじみたる、アマンチューてぃしや」

 (この世界を始めたアマンチ…

この記事は有料会員記事です。残り1644文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら