トヨタ、申込書14万件を紛失 利用客の個人情報記載

三浦惇平
[PR]

 トヨタ自動車は1日、自動車の「コネクテッドサービス」の申込書約14万件分の所在がわからなくなったと発表した。利用客の氏名や住所、電話番号などの個人情報が記載されていた。誤って紛失、破棄したとみられ、外部への流出は確認されていないという。

 トヨタによると、所在がわからなくなったのは、自動車と通信することで、スマートフォンでキーロックやエアコン操作などができるサービスへの申込書。2014~21年に申し込まれたものだという。

 申込書はトヨタの販売店が受け取った後、トヨタ子会社に送られる仕組みになっていたが、販売店から届かないケースがあった。トヨタは、「販売店で運用ルールが徹底されていなかったうえ、販売店に対するトヨタの説明も不十分だった」としている。今後は申込書の電子化などを進め、再発防止を図るという。(三浦惇平)