大学などの中退、昨年比3.8%増 「コロナで」は1.4倍に

三浦淳
[PR]

 文部科学省は1日、新型コロナウイルスの影響による全国の大学などの中退・休学者数を発表した。昨年12月末時点で、中退者は前年同期(1367人)の約1・4倍の1937人、休学者は前年同期(4434人)の約1・3倍の5855人だった。

 全国の国公私立大・短大・大学院・高専計1073校に調査し、1032校が回答した。コロナの影響ではないケースも含む中退者全体は、前年同期比3・8%増の2万9733人。このうちコロナの影響による中退者の割合は6・5%だった。休学者全体は同1・4%減の6万4783人で、コロナの影響による休学者の割合は9%だった。

 コロナの影響による中退の理由の内訳は、キャンパスに行きづらいなどの「学生生活不適応・修学意欲低下」が同10・3ポイント増の30・3%で最多だった。休学では、同じ理由が同1ポイント増の10・6%だった。「経済的困窮」は中退で同8・2ポイント減の19・9%、休学で増減なしの15%だった。

 文科省は「コロナの長期化で、キャンパスに通う機会が減り、人との交流が少なくなっていることが影響しているのではないか」と分析。各大学などに学生への支援策を積極的に発信するよう依頼したという。(三浦淳)

  • commentatorHeader
    常見陽平
    (千葉商科大学准教授・働き方評論家)
    2022年3月2日22時11分 投稿
    【視点】

    ■通い続けることのメリットを主張する勇気が大学にはあるか?  最近の朝日新聞でありがちな、見出しだけで判断してはいけない記事である。実はしっかりと読まなくてはならないのは、コロナによる中退・休学の理由の内訳である。「コロナで保護者や自身