トルコ、黒海に続く海峡で通航制限へ ロシア軍艦への影響は限定的か

有料会員記事ウクライナ情勢

リビウ=高野裕介
[PR]

 緊迫するウクライナ情勢を受け、トルコのエルドアン大統領は2月28日、地中海から黒海へと抜けるトルコの海峡で軍艦の通航を制限する考えを示した。これらの海峡でトルコの主権を認めた国際条約に基づく措置だが、ロシアの軍艦への影響は限定的との見方もある。

 アナトリア通信によると、エルドアン氏はウクライナでのこれ以上の戦闘悪化を防ぐために、ボスポラス、ダーダネルスの両海峡での軍艦の出入りを厳しく制限するモントルー条約を適用すると言及した。また、チャブシュオール外相は同日、関係国に対して軍艦を通過させないよう警告した。

 ウクライナのゼレンスキー大…

この記事は有料会員記事です。残り353文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら