甲子園歴史館が3日にリニューアル よみがえる、あの名場面、名勝負

有料会員記事

真常法彦
[PR]

 阪神甲子園球場兵庫県西宮市)に併設され、高校野球阪神タイガースの歴史を伝える甲子園歴史館が3日、リニューアルオープンする。2010年の開館以来初めての大幅改装で、展示面積は従来の1・25倍(延べ約1500平方メートル)に拡大。AR(拡張現実)を使った見学ツアーも新たに始める。

 再開館に先立ち1日、館内が報道陣に公開された。球場南側に3日開業する商業施設「甲子園プラス」2階にも、阪神関連を中心とした展示スペースを設けた。両施設は陸橋で自由に行き来できる。

 高校野球の展示で人気の「名勝負ギャラリー」には、「奇跡のバックホーム」で知られる第78回選手権大会決勝の松山商―熊本工、18年の大阪桐蔭春夏連覇など7タイトルが加わり、計22の名場面を紹介。春夏の甲子園勝利数で上位の監督を紹介する「甲子園の名将たち」も新設された。

 球場で使われていたホームベ…

この記事は有料会員記事です。残り261文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら