「進撃の巨人」エンディング歌う ヒグチアイ 矛盾や痛みを音楽に 

有料記事

杢田光
[PR]

 「歌は長くても5分くらい。複雑なものを伝えるにはどうすればいいんだろう」。シンガー・ソングライターのヒグチアイは、そんな葛藤を抱いて音楽と向き合ってきた。

 高校生の頃から曲を書き、26歳だった2016年にメジャーデビューした。NHK総合で放送中のアニメ「進撃の巨人」のエンディングテーマにも起用され、注目を浴びている。

3月27日夜、大阪市北区の「umeda TRAD」でライブを開く。4、5月には弾き語り全国ツアーも

 その曲は「悪魔の子」。息を…

この記事は有料記事です。残り652文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。