「プーチンの戦争」と呼ぶバイデン氏 米国が迫られる安保戦略見直し

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=高野遼、園田耕司 聞き手・合田禄
[PR]

 バイデン米大統領は1日、就任後初となる一般教書演説で、ウクライナに侵攻したロシアのプーチン大統領を非難し、「自由は独裁に勝利する」と宣言した。政権が「地政学上の最大の試練」とする中国への言及はわずかとなり、侵攻の衝撃の大きさを物語った。国際社会でもロシアは孤立感を深めているが、戦闘がやむ気配はない。

 「6日前、プーチンは威嚇により屈服させられるとの考えで、自由世界の根幹を揺るがそうとした。だが、それはひどい誤算だった」

 この日、議場はウクライナ支援のムードに包まれていた。ウクライナの国旗の色である青と黄を身につけた服装の議員が目立ち、駐米ウクライナ大使も招かれた。「プーチンはこれまで以上に、世界から孤立した」と宣言するバイデン氏の言葉に、議員らは立ち上がって拍手を送った。

 バイデン氏はウクライナ侵攻を「プーチンの戦争」と呼んだ。外国を侵略した独裁者と位置づけ、「プーチンの戦争はロシアを弱体化させ、ほかの国々を強くしたと歴史に記されるだろう」と述べた。

 バイデン氏が強調したのが、ロシアの武力行使に対して同盟国が団結して対抗した実績だ。「欧州の同盟国をまとめるのに、数え切れない時間を費やした」と回顧し、発動した数々の経済制裁を列挙してみせた。

 ただ、演説からは米国の限界も浮かんだ。

「米軍がロシア軍と戦うことはない」明言

 バイデン氏はウクライナへの…

この記事は有料会員記事です。残り1699文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら