第3次大戦なら「核戦争以外ない」 ロシア外相、バイデン氏に反発

有料記事ウクライナ情勢

モスクワ=中川仁樹
[PR]

 ロシアのラブロフ外相が中東カタール衛星放送アルジャジーラのインタビューで、第3次世界大戦が起これば、「核戦争以外にない」と述べた。ウクライナに侵攻したロシアに対し、バイデン米大統領が「選択肢は二つある」と、第3次世界大戦と大規模な制裁を挙げたことに反発した。ロシア外務省が2日、インタビューの内容をサイトで公開した。

 ラブロフ氏は、第3次大戦の瀬戸際にあるのかと問われ、「バイデン氏に聞くしかない。(バイデン氏が)第3次大戦は核戦争以外ないことを理解していないはずはない」と警告した。

 ウクライナ侵攻の理由については、「1990年代初めのソ連崩壊の時期にさかのぼる。北大西洋条約機構(NATO)は東方拡大しないと約束した」と従来の主張を繰り返した。

「核戦争」に言及する狙いとは

 欧米の厳しい経済制裁につい…

この記事は有料記事です。残り291文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!