トヨタ、ロシア工場を4日から停止へ 「安心と安全を何よりも優先」

三浦惇平
[PR]

 トヨタ自動車は3日、ロシア・サンクトペテルブルクの工場の稼働を4日から止めると発表した。ロシアのウクライナ侵攻に対する経済制裁などの影響で、国外からの部品調達に支障が出ているためだとしている。再開時期は未定という。

 この工場では、SUV(スポーツ用多目的車)の「RAV4」とセダン「カムリ」をつくっている。2021年は計8万台程度を生産した。

 また、日本や欧州からロシアへの完成車の輸出も全面的に止める。在庫がなくなり次第、販売もやめる。

 トヨタはロシアで168カ所の販売・サービス拠点を構え、年間10万台超を販売。欧州での販売台数の約1割にあたり、英国などと並ぶ規模がある。

 トヨタは「何よりも優先していることは、すべての従業員や販売スタッフ、仕入れ先の安心と安全。広く公正な視野で事態を見極めた上で、必要な意思決定をした」としている。

 ウクライナでは、2月24日からすべての事業活動を止めている。欧州のほかの地域では、事業に影響は出ていないという。(三浦惇平)