GoTo申請、1万1千泊分実態なし 旅工房が調査報告書を公表

有料記事

[PR]

 政府の観光支援策「Go To トラベル」をめぐる不正受給疑惑に関し、旅行会社「旅工房」(東京都豊島区)は2日、弁護士による調査報告書を公表した。少なくとも1万1078泊分の宿泊は、実際には行われていなかった。発行されたクーポン券分として9362万円の返還を求められる可能性がある。

 同社は2020年11月、取引先企業を通じて計2万240泊分の研修付き宿泊商品を販売したが、実際の宿泊は多く見積もっても9162泊分しかなかった。1人1泊あたり4万円という料金も実際よりも「著しく高額であった可能性が高い」という。

 報告書はこうした点について…

この記事は有料記事です。残り216文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。