大阪・梅田の新たな玄関口、来春開業へ工事着々 JRの地下駅

有料会員記事

鈴木智之
[PR]

 JR西日本は3日、大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期区域」(大阪市北区)で建設中の地下新駅を報道陣に公開した。現在の大阪駅と改札内通路で結ばれ、駅名も同じになる。トンネル工事はほぼ終わり、来年3月の開業に向け、現在は線路の敷設などが進められている。

 新駅の地下1階は改札口などが設けられるコンコースになる。地下2階ではホームの形が整い、1~4番の線路の工事が進んでいた。一部のホームでは、さまざまな車両に対応するつり下げ式の新型ホームドアの設置も始まっていた。

 新駅建設は旧梅田貨物駅を通っていた東海道支線の地下化事業の一環で、開業後は京都、新大阪関西空港和歌山方面を結ぶ特急はるかやくろしおが発着する。大阪―関西空港間の所要時間は現在、快速で最速64分だが、開業後ははるかで平均48分になる。現在は新大阪止まりになっているおおさか東線からの乗り入れも検討されている。

 31年には、大阪市内の地下…

この記事は有料会員記事です。残り109文字有料会員になると続きをお読みいただけます。