「新たな歴史刻む」 全国水平社100年、創立の地で記念集会

有料会員記事

大貫聡子、富永鈴香
[PR]

 部落差別の根絶をめざし、当事者たちが立ち上がった全国水平社の創立から、3日で100年を迎えた。京都市左京区のロームシアター京都で記念集会が開かれ、主催する部落解放同盟中央本部の関係者ら約1千人が参加。「先人たちの遺志を受け継ぎ、新しい歴史を刻んでいく」と、決意を新たにした。

 全国水平社は1922年3月3日、この地にあった岡崎公会堂で創立。日本初の人権宣言と言われ、「人の世に熱あれ、人間に光あれ」の言葉で結ばれる水平社宣言を採択した。

 記念集会では、組坂繁之・中…

この記事は有料会員記事です。残り259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。