ウクライナの主要都市が初の陥落 幹部「州政府の庁舎が占拠された」

有料記事ウクライナ情勢

モスクワ=佐藤達弥、ワシントン=高野遼
[PR]

 ウクライナに侵攻中のロシア軍は3日、南部の人口約30万人の都市ヘルソンを制圧した。初めての主要都市の陥落となる。ウクライナの民間人の死者は2千人を超え、双方の兵士らにも多数の被害が出ている。米国防総省は今後、ロシア軍の無差別的な攻撃が激しくなると懸念している。

 ヘルソン州はキエフ、ドニプロなどウクライナの主要都市を流れるドニエプル川が黒海に注ぐ付近に広がる。2014年にロシアが併合したクリミア半島の水源となるなど、今回の侵攻の重要な攻撃目標の一つだった。

 市長が2日、SNSでロシア軍兵士らが市庁舎を訪れたと明かし、「市内にはウクライナ軍はいない」として住民に発砲しないようロシア軍に訴えた。ヘルソン州政府の幹部も、SNSで「(ヘルソンにある)州政府の庁舎が完全に占拠された」と述べた。

北東部ハリコフでも激戦続く

 ニューヨーク・タイムズはヘ…

この記事は有料記事です。残り803文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。