「彼が経済担当相なら…」 ゴーン被告、経済危機の故郷で過ごす日々

有料記事

ドバイ=伊藤喜之
[PR]

 日産自動車を舞台にした巨額の役員報酬をめぐる事件で、主犯とされた元会長のカルロス・ゴーン被告(67)が不在のまま、共犯に問われたケリー元代表取締役に有罪判決が告げられた。「映画のような」と形容された脱出劇で故郷レバノンに逃れたゴーン氏はいま、どのような日々を送っているのか。

 ゴーン氏が関西空港から出国したのは2019年12月29日。音響機器用の箱に入って人目を避け、プライベートジェットに搭乗。翌30日、首都レバノンに降り立った。

 地元ジャーナリストによると、ゴーン氏は今もベイルートにある邸宅で過ごしている。週末には約50キロ離れたスキーリゾート地、ファラクに滞在する姿も目撃されているという。

 これまで、自宅で国内外のメディアのインタビューに多数、応じてきた。基本的には、自らの無実や日本の司法制度の不公平さを訴える内容だ。

 昨年にはサウジアラビアの放…

この記事は有料記事です。残り657文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント