【写真まとめ】目指せブダペスト 内定相次ぐ競泳代表選考会

諫山卓弥、瀬戸口翼
[PR]

 6月にブダペストで開かれる世界選手権の競泳日本代表選考会。

 3日の競技では、女子400メートル個人メドレーで谷川亜華葉(あげは)選手が1位となり、代表に内定しました。東京五輪金メダルの大橋悠依選手は3位でしたが、日本水連の規定で自動的に内定。女子50メートル平泳ぎは青木玲緒樹(れおな)選手が前日に続く日本新となる30秒27で内定しました。

 男子200メートル自由形1位の松元克央選手、男子100メートル背泳ぎ1位の入江陵介選手も内定しました。入江選手は7大会連続の世界選手権出場です。大会2日目の様子を写真で振り返ります。諫山卓弥、瀬戸口翼)