塾代月1万円助成、小学5・6年生にも拡大へ 大阪市が23年度から

新谷千布美
[PR]

 大阪市松井一郎市長は3日の市議会本会議で、中学生の塾代を月1万円を上限に助成する市独自の制度について、対象を小学5~6年生に広げる方針を表明した。2023年度からの実施を目指す。

 代表質問に立った大阪維新の会の宮脇希議員は「小学校でも学習塾などに通う子どもは多い。特に5年生以上で家計の負担が増えている」と指摘。松井市長は「子どもたちは将来の夢の実現のために塾を利用している」と述べ、支援する考えを示した。

 市は12年9月に西成区の低所得世帯を対象に塾代助成制度を始め、13年12月に市内全体に拡大した。15年10月から所得制限が緩和され、市内の中学生の約半数が対象となった。現在は対象約3万人のうち約1万5千人が利用している。スポーツ教室などの習い事でも利用できる。

 小学5~6年生への対象拡大に必要な予算は12億円で、中学生分を合わせると31億円。市の独自財源でまかなう方針だという。(新谷千布美)

  • commentatorHeader
    おおたとしまさ
    (教育ジャーナリスト)
    2022年3月4日12時5分 投稿
    【視点】

    大阪市教委が4月から「学力向上支援チーム」を編成し、若手教員などの授業力向上を図るという報道がつい先日あった。背景には、全国学力・学習状況調査(学テ)の結果での低迷があるという。学テの算数と国語のテストの点数を上げるための直接的な施策だ。