【詳報】ウクライナ侵攻5、3月4~6日(日本時間)の動き

[PR]

 ウクライナ侵攻を続けるロシア軍によって、南東部にある欧州最大級の原発が攻撃され、占拠されました。欧州全体に深刻な汚染をもたらしかねない暴挙に、国際社会は非難の声を上げています。首都キエフでは住宅などへの空爆が継続。ロシアは攻撃の手を緩めていません。

(タイムスタンプは日本時間。括弧内は現地時間)

■■■日本時間3月6日■■■

23:15(ワシントン09:15)

米国、ポーランド戦闘機のウクライナへの提供を協議

 ブリンケン米国務長官は6日、CNNの番組に出演し、ポーランドがウクライナに戦闘機を提供し、米国がポーランドに代替となる戦闘機を提供する案について「ポーランドと協議している」と明らかにした。

 ウクライナは、自国軍のパイロットが操縦できるロシア製の戦闘機の供給を求めている。このためポーランドがロシア製の戦闘機をウクライナに提供し、代わりに米国がポーランドに米国製の戦闘機を提供する案が浮上している。ウクライナは飛行禁止区域の設定も北大西洋条約機構(NATO)に求めているが、NATOは受け入れていない。

 また、ブリンケン氏は「ロシ…

この記事は有料会員記事です。残り16768文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    副島英樹
    (朝日新聞編集委員=核問題、国際関係)
    2022年3月4日12時21分 投稿
    【視点】

    ザポリージャ原発は欧州最大で、世界で3番目に大きいと言われています。現地の情報はまだ錯綜しています。ただ、原発への攻撃は、戦争の仕方のレベルだけにとどまらず、安全保障のあり方そのものの局面を変えてしまうと思います。人類が直面している危機を現