第2回中国のLGBTQ、押しつぶされる「生存空間」 でも小さな希望も…

有料記事

北京=高田正幸
[PR]

 「北京LGBTセンター」という組織がある。

 LGBTQ当事者らが2008年に設立。中国で差別視されることもある性的マイノリティーの心のケアや訴訟支援などを行ったり、その権利に関する啓発活動を行ったりしてきた。

 2016年には国連開発計画の委託を受けて、北京大学とともに性的マイノリティーに対する中国社会の意識調査も実施。中国を代表するLGBTQの権利擁護団体として知られている。

 かつて北京市中心部にあったその事務所に、毎週のようにかかってくる電話があったという。

 相手の声は、男性のような時も、女性のような時もあった。会話の内容はいつも、あっけないほど簡単なものだった。例えば「昨日は暑かったね。何を食べたの?」という感じだ。

【連載】「虹をかけたくて 中国のLGBTQはいま」の初回はこちらから

中国に7千万人いると言われる性的マイノリティーたちがいま、激しい批判にさらされています。なぜ、多様な性が受け入れられないのか。攻撃される人、そして攻撃する人を、記者が訪ねました。

 ただ、全国人民代表大会全人代)など重要日程が近づくと「近々、大きな活動はないかな?」と探りを入れてくることもあった。

 「国家安全省の職員からの電話でした」

 私にこう教えてくれたのは、東京大学総合文化研究科博士課程の郭立夫さん(33)だ。中国人の性的マイノリティーを研究し、北京LGBTセンターの運営にも深く関わってきた。

 郭さんは電話の目的について、「余計なことをするな、いつも見ているぞ、と言いたかったのでしょう」と説明する。

イベントの現場で圧力 目を光らせる国家安全省

 国家安全省はスパイなどを取…

この記事は有料記事です。残り2679文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]

連載虹をかけたくて 中国のLGBTQはいま(全3回)

この連載の一覧を見る