電動キック免許不要、自動運転レベル4も 道交法改正案を閣議決定

田内康介
[PR]

 政府は4日、自動運転の許可制度や、電動キックボードの新たなルールが盛り込まれた道路交通法の改正案を閣議決定した。

 警察庁によると、改正案では廃線の軌道跡などを走る自動運転を想定。人は車両の遠隔監視のみで、すべての運転操作はシステムが担う移動サービスとなる。

 事業者は運行計画を都道府県公安委員会に提出して許可を得るほか、遠隔で監視する主任者を置く必要がある。事故があった場合、主任者らには通報や救護といった義務が課せられる。

 また、自転車に相当する大きさで最高時速が20キロ以下の電動キックボードを新たに「特定小型原付き自転車」に位置づけ、原付きバイクの1類型とする。運転免許は不要になるが、16歳未満の運転は禁じる。違反者は交通反則通告制度(青切符)の対象になる。

 このほか、運転免許証とマイナンバーカードの一体化に関する規定も盛り込まれた。希望に応じて、運転免許の情報をマイナカードに記録できるようにする。

 千葉県八街市飲酒運転のトラックが突っ込み、児童5人が死傷した事故を受け、飲酒の有無などをチェックする安全運転管理者の選任義務に違反した場合の罰金を5万円以下から50万円以下に引き上げる。(田内康介)

道路交通法改正案の骨子

【自動運転】

・特定の条件下でシステムがすべての運転操作を担う車両を運行することを「特定自動運行」と定義

・事業者は運行計画を提出し、都道府県公安委員会の許可を得る必要

・車両を遠隔監視する主任者を配置し、事故が起きた場合には主任者らによる対応を義務づけ

・事業者らに法令違反があった場合、都道府県公安委員会は許可の取り消しができる

【電動キックボード】

・最高速度が時速20キロ以下で、自転車相当の大きさを「特定小型原付き自転車」と位置づけ

・時速20キロ以下は免許不要だが、16歳未満の運転は禁止。ヘルメットの着用は努力義務

・走行場所は車道や自転車レーン。最高速度が時速6キロに制御されていれば、例外的に歩道も可能

・交通反則通告制度(青切符)の対象。悪質な違反行為を繰り返せば講習の受講を命令

・販売事業者やシェアリング事業者には利用者への交通安全教育を行う努力義務を課す

【自動配送ロボット】

・自動配送ロボットを通行させる事業者は、都道府県公安委員会に事前届け出が必要

・最高速度は時速6キロ、大きさは電動車イス相当

・通行場所は歩行者と同じで、信号や道路標識に従う【運転免許証とマイナンバーカードの一体化】

・希望に応じ、運転免許の情報をマイナカードに記録する。情報が記録されたマイナカードと免許証の両方を持つことも可能

【白ナンバー事業者】

・飲酒の有無などをチェックする安全運転管理者の選任義務に違反した場合の罰金を5万円以下から50万円以下に引き上げ