パラリンピックを除外のロシア選手が反発 「政治はスポーツの外に」

ウクライナ情勢

[PR]

 4日夜に開幕する北京パラリンピックへの参加を除外されたロシア選手からは、反発の声が上がっている。

 クロスカントリー距離などに出場予定だったイワン・ゴルプコフ選手はインスタグラムに「何を言えというのか? 政治はスポーツの外にあるべきだ」などと投稿した。

 国際パラリンピック委員会(IPC)は3日、ロシアとベラルーシ選手の参加を認めないと急きょ決定。2日は、両国選手に個人資格となる「中立」の立場で出場を認めていた。

  • commentatorHeader
    遠藤謙
    (エンジニア)
    2022年3月4日16時4分 投稿
    【視点】

    IPCは非常に難しい決断を下した。個人と国家の意思は必ずしも重ならないが、それを全く無視することもできない。パラリンピックの中でもいかなる種類のデモンストレーションも、いかなる種類の政治的、宗教的もしくは人種的な宣伝活動は認められていない。